001006006

001006006

タイトル 【Beauty コラム】色の選び方と取り入れ方がポイント!ピンクで統一するメイク術
登録日 2017-07-27
 

色の選び方と取り入れ方がポイント! ピンクで統一するメイク術

色の選び方と取り入れ方がポイント! ピンクで統一するメイク術

春から夏の季節にぴったりのピンクカラーは、女性をキュートに見せてくれる特別な色。
メイクにもピンクを取り入れれば、まるで恋する乙女のような甘く可愛い表情を演出することができます。

しかし、ピンクメイクをすると「可愛くなりすぎてしまう」という悩みを持つ方も多いでしょう。
このようなピンクメイクの悩みを解決するためには、ピンクの色の選び方と取り入れ方がポイントになります。
トレンドのピンクメイクに挑戦するためにも、パーツ別にピンクの上手な取り入れ方を見ていきましょう。

2色使いでふんわり可愛いピンクEYE

ピンクをメインに使ったアイメイクは、女性らしい眼差しを演出することができますが、塗り方によっては可愛くなりすぎてしまうため、上手くコツをマスターすることが大切です。
おすすめなのは、ライトブラウンとピンクでグラデーションを作るメイク方法。ピンクのアイシャドウやアイライナーを上手に使って、ふんわりピンクな目元をゲットしましょう。

1.アイシャドウベースをアイホール全体に広げる
2.ベージュのアイシャドウをブラシに取り、アイホール全体に広げる
3.ライトブラウンのアイシャドウをチップに取り、二重の幅に伸ばす
4.ピンクのアイシャドウをチップに取り、目尻から目の中央までに広げる
5.ピンクのアイライナーで、下まぶたの目尻から1/3までのところにラインを引く

■オススメアイテム

プレイ101 ブレンディングペンシル

プレイ101 ブレンディングペンシル
全25色 1,134円(税込)
カラーを混ぜて、ぼかして楽しむマルチペンシル

落ちにくいから可愛いがずっと続く「リップティント」を使って

まずは基本的な濡れまぶたメイクからレクチャー! クリームシャドウとラメシャドウのダブル使いで、キラキラと輝く濡れツヤまぶたをゲットしましょう。

ツヤツヤのピンクリップを上手にマスターすることで、思わずキスしたくなるような魅惑の唇がゲットできちゃいます。
朝に塗れば、ずっと新鮮なピンクの色味をキープしてくれるリップティントでキュートな唇を実現させましょう。
色味を選ぶときには、肌馴染みの良いコーラル系のアイテムを選ぶのが大人っぽい唇にするポイントです。

1.唇にコンシーラーを叩き込んで色味を消す
2.上唇の中央にティントのチップをのせ、トントンと軽く叩き込みながら左右と山部分に色を広げていく
3.ティントを下唇の中央にのせ、左右に向かってトントンと軽く叩き込みながら色を広げていく
4.上唇と下唇を合わせて色を馴染ませる

■オススメアイテム

リップリッチ ビビッドティント

リップリッチ ビビッドティント
全10色 1,404円(税込)
ビビッドカラーでいつでもアガる!ご機嫌ティント♪

ふんわりと染まる桃色ほっぺがキュートな「ピンクチーク」

肌の内側からじわっと溢れ出しているような自然な血色感は、表情をいきいきと見せてくれます。
可愛らしいピンク色を選ぶことで、より一層女性らしさがアップして、他のパーツとのバランスも取りやすくなりますよ。
ツヤと血色感を与えてくれるクリームタイプのチークを使って、ナチュラルなピンクチークメイクを目指しましょう。

1.クリームチークを頬の一番高いところに丸くのせる
2.中指と薬指の2本の指を使い、1で丸く乗せたチークをぼかすようにトントンと伸ばして広げる
※チークを広げるときには、まず丸く乗せたチークの輪郭をぼかすようなイメージで広げ、頬全体を染めていくのがポイント。
つけすぎ防止のためにも、少し乗せたら広げるという手順を繰り返すようにしましょう。

■オススメアイテム

レイ101スティック

プレイ101スティック
全11色 1,728(税込)
シーンや気分に合わせて自由自在に使えるマルチカラースティック


2色使いリップメイクのやり方

アイメイク・リップ・チークの3点をピンクで統一することで、ハッピーで愛らしい雰囲気が醸し出されます。
太陽が輝く夏の季節に、ジューシーなピンクメイクを取り入れて、モテ度アップを狙いましょう。

リスト

▲ このページのTOPへ戻る

エチュード ハウス sweet caster
韓国コスメ「エチュードハウス(ETUDE HOUSE)」の日本公式通販サイト